グッズ紹介 使用器具

ADA製品の魅力とそれに近い製品を比較してみた【水草水槽にさらに美しさを!】

  1. HOME >
  2. グッズ紹介 >

ADA製品の魅力とそれに近い製品を比較してみた【水草水槽にさらに美しさを!】

こんにちは!MizukusaNewbieです。

水草水槽の魅力は何と言っても色とりどりの水草やその中を泳ぐ熱帯魚たちの思わずうっとりするような美しさです。

そんな水草水槽ですが、使用する器材やグッズの選び方によってさらに素敵にすることが出来ます。

その代表的な存在がADA(アクアデザインアマノ)の製品たちです。

ただしADAには比較的高価であったり、入手方法が限られるなど若干の難点も存在します。

今回はそのような点を踏まえながら、主なADA製品とそれに代わり得るものとを比較してご紹介したいと思います。

ADA製品の魅力とは

水草水槽やネイチャーアクアリウムといえばADAといっても過言ではありません。

機能性と美しさを兼ね備えた至高の製品の数々。

コレクション性も高く、所持する喜びも同時に得ることが出来ます。

難点を挙げるとすれば他製品と比較して高価であることと、新品に関しては実店舗でしか購入できないということです。

エアレーション用パレングラス

中古品や新品未使用品などをオークションサイトやフリマサイトで購入することも出来ますがそれでも少し高め。

気軽に水草水槽を始めてみたい方や、あまり費用をかけたくない方には少しハードルが高くなってしまうかもしれません。

という訳でADA製品とそれに代替できる製品を種類ごとに比較していきます。

水槽

ADA・キューブガーデン

アクアリウム全般においてもちろん水槽がなければ始まりません。

ADAの水槽はキューブガーデンシリーズです。

小型の20cmキューブ水槽から180cmの超大型水槽までをラインアップ。

高品質なクリアガラスを採用しているので通常のガラス水槽が緑色がかっているのに対して圧倒的な透明度です。

職人さんの手作業によるシリコン処理のおかげか、はみ出しも無く細部まで納得のクオリティ。

是非使用してその違いを感じて頂きたい素晴らしい水槽です。

アクロ・スーパークリアシリーズ

左がスーパークリアで右がノーマルタイプ

大手ペットショップのチャームのプライベートブランドであるアクロより販売されている水槽。

その中でもこのスーパークリアシリーズは透明度が高くおすすめです。

通常タイプと比較してもその差は明らか。

その分値段は上がりますが、それでもADAのキューブガーデンと比べれば安価です。

透明度に関してもほぼ遜色のないレベル。

もちろんシリコン処理等も不満なくキレイに処理されています。

美しさが命ともいえる水草水槽ですのでここはスーパークリアを是非積極的に選択していきたいところです。

LED照明

ADA・アクアスカイRGB/ソーラーRGB

水草水槽に於いて今現在主流なのはLEDを使用した照明です。

発熱も少なく消費電力も抑えられて水草の育成にも効果的な理想の照明です。

ADAのアクアスカイRGBは非常によく水草が育つと評判のLEDです。

RGB球を使用し、それぞれ赤(R)、緑(G)、青(B)の波長を水草の育成に併せて最適化してあります。

水面に映るRGB球

どちらかというと全体的に緑っぽく感じる色味で、緑の水草はより緑色に、赤い水草はより赤く、熱帯魚の体色もとても鮮やかに魅せてくれます。

ソフトスタートを搭載していて、点灯から少しずつ照度が上がり明るくなっていきます。

熱帯魚がビックリすることも防ぐことが出来ますし、私たちの目にも優しいです。

外観はシルバーの見た目がとてもクールで高級感も有ります。

機能と美しさを兼ね備えたまさにADAの真骨頂ともいえる製品です。

ちなみに60cm以上の水槽にはこちらのソーラーRGBを使用することになります。

吊り下げ専用のLED照明ですので別途スタンド等が必要となります。

こちらはとにかく圧巻の照度を誇り、強い光が必要な水草もぐんぐんと成長します。

吊り下げ式のメリットをいかしてオープンアクアリウムも楽しむことが出来ます。

アクロ・トライアングルシリーズ

水槽の時にもご紹介しましたアクロより販売されている水草育成用LED照明がトライアングルシリーズです。

こちらの商品の最大の売りは何と言ってもそのコスパの高さです。

水草の育成に十分過ぎる性能を持ち合わせているにも関わらず、同等の製品よりも安価で手に入れることが出来ます。

ブライト・グロウ・ビビッドの3種類から用途に合わせて選ぶことが出来るのもポイント。

ただしその形からおにぎりとも揶揄される見た目には好き嫌いが分かれそうです。

私的にははそのシルバーと武骨な外観が逆にシンプルで格好よく映ります。

吊り下げにも対応し、初めての照明から本格的な運用まで長く使えるおススメの製品です。

トライアングルシリーズ
どちらがおすすめ?アクロ・トライアングル”グロウ”と”ブライト”を比較してみた【定番LED照明】

今回は水草水槽用LED照明として絶大な人気を誇る、アクロトライアングルシリーズの”GLOW"と”BRIGHT”を比較してみるというお話です。

続きを見る

外部式フィルター

ADA・ジェットフィルター

水草水槽には外部式フィルターを使用するのが一般的です。

ろ過機能と水槽周りのスマートさを確保するには最も適した方法だからです。

ADAのジェットフィルターは質実剛健という言葉がピッタリのステンレス製のボディを持ちます。

マグネットポンプは堆積物や濾材の目詰まりなどによる流量の低下を抑えることができる本格仕様。

大容量でろ材もたっぷり入れられます

その潔いほどのシンプルさがステンレスのボディと相まってとにかくクール。

水槽台の中に隠してしまうには惜しくなるほどの格好良さです。

難点はステンレス製故の重量とポンプの音が若干大きいことでしょうか。

エーハイム・クラシックフィルター70周年記念モデル

言わずと知れた外部式フィルターの雄、エーハイムのクラシックシリーズ。

シンプルな造り、抜群のメンテナンス性、静かなモーター音。

大容量でろ過能力も高く安心して水草や生体を育成させることが出来ます。

そのエーハイム・クラシックシリーズには創立70周年記念モデルが存在します。

具体的にはケースやホース、パイプ類などがグレーの仕様になっています。

グレーのホースやパイプ類

エーハイム独特のあのグリーンの感じに抵抗がある方でも、グレー仕様なら必ず気に入ってもらえるはずです。

ジェットフィルターほどのクールさはありませんが、それでも十分に水槽周りをカッコよく決めることが出来るでしょう。

ただし、記念モデルの為いつまで手に入れられるかは不明です。

モーター部は通常モデルと共用の為、ケースやパイプ類だけ単品で購入してカスタムすることも可能です。

Co2添加システム

ADA・Co2アドバンスシステム-フォレスト

水草の育成にはCo2の添加が欠かせません。

これからまず初めに添加をする場合には必要な器材がオールインワンのセット商品を購入するとよいでしょう。

ADAのCo2アドバンスシステムは、小型ボンベから圧を調整するレギュレーター、パレングラスやチューブ類にいたるまで添加に必要なものは全て同封されています。

ただし電磁弁は別途用意しなければならない点は注意が必要です。

ステンレス製のレギュレーターは精度が高く安心ですが、ADAのフォレストボトル専用であり汎用ボンベには使用できない点も少し残念な部分です。

こちらはCo2大型ボンベ用システム。

ステンレス製のケースはとてもクールで、ジェットフィルターと並べるとさらに魅力的に。

大型水槽や複数の水槽に分岐させたい場合はこちらを選択すると良いでしょう。

チャーム・オリジナルコンパクトレギュレーターBセット

左が電磁弁で右がレギュレーター

チャームオリジナルのCo2添加フルセット。

電磁弁とタイマーまで付属しますので、これさえあれば本当に他には何も要らないでしょう。

電磁弁とは電気を使ってCo2の流れをオンオフする装置。

こちらのリーフ製の電磁弁はコンパクトで発熱も少なく安心して使用することが出来ます。

見た目もシンプルでカッコいいです。

それにタイマーを組み合わせることによって好きな時間に決して忘れることなくco2を添加することが出来るようになります。

これだけついてこの価格はかなりお得だと思います。

出水パイプ&吸水パイプ

ADA・リリィパイプ

外部式フィルターを使用すると必ず吸水パイプと出水パイプが必要となります。

ADAのリリィパイプはユリの形をイメージした美しいガラス製のパイプです。

美しさが命の水草水槽ですので水槽内にあるものはなるべく目立たないもの、もしくは素敵なものをチョイスしたいところです。

リリィパイプは水槽内にあってもその存在が水景を邪魔することはありません。

ガラス製ですので扱いに注意が必要ですが、余程の無理な力をかけなければ折れたり欠けたりすることはありません。

水流のことまで考えられた是非取り入れたい製品です。

RedBeryl・ アクアリウム リリーパイプ

ADAのリリィパイプによく似たRedBeryl製のリリィパイプ。

もちろん同様にガラス製で、吸水・出水ともにパッと見ではその差がわかりません。

ただし細部のクオリティはやはり本家に軍配が上がります。

たとえば出水側のパイプにはわずかな継ぎ目があり、掃除の際に汚れが落ちにくかったりします。

角は少し掃除しにくいです

吸水側の底部はADA製と違い平になっている為、掃除の際にやはり汚れを落としにくいです。

またガラスの強度も少し落ちる気がします。

ただしこの値段であれば十分に納得できる製品と言えます。

関連記事
スピン・ポピー・フローのリリィパイプ風3兄弟を比較検証してみました【使い分けて快適水草水槽ライフ】

今回はリリィパイプ風3兄弟、スピン・ポピー・フローを使ってそれぞれの水流や適した使用場面などについて比較検証してみたというお話です。

続きを見る

アクアリウムタイマー

ADA・NAコントロールタイマーⅡ

Co2添加システムの時にも触れましたが、水槽に規則正しくCo2を添加するにはタイマーが必須です。

ADAのNAコントロールタイマーⅡは機械然とした見た目がまず最高にカッコいいです。

このアナログ感がたまりませんね。

さらには電磁弁が内蔵されており、別途用意する必要がありません。

ライト用の差込口が2個あり、照明2台体制はもちろん照明とライトスクリーンの組み合わせにも出来ちゃいます。

エアーポンプ用の差込口はライト用と逆に通電するので夜間エアーレーションもばっちり。

一台あると非常に便利な製品です。

タイマーの選び方
あなたはどれにする?水草水槽に使えるタイマーの選び方【照明やCO2の添加に】

水草水槽で照明やCO2の添加に必ず必要といって過言ではないタイマー。どんなものを選んだらよいのか、私が使用しているタイマーを4種類ご紹介します。

続きを見る

スマートWi-Fiプラグ

NAコントロールタイマーを凌ぐ製品は中々見つかりそうもありません。

それならいっそのことWi-Fi環境であればスマートプラグを使うのも手です。

こちらの製品は4つの差込口を持ち、それぞれを独立してコントロールすることが出来ます。

1つ目を照明に、2つ目をCo2の電磁弁に、3つ目をエアーポンプに接続、4つ目を外部式フィルターになんて使い方も。

操作画面の一部

それぞれにタイマー機能だけでなく、単純に電源のオンオフも出来ますのでいちいちコンセントを抜かなくてもよくなります。

これが思いのほか便利で、機能だけでいったらこちらのほうが断然使い勝手はいいです。

温湿度計に接続して、室温何℃以上で水槽用冷却ファンを回すなんていうスマート家電化も可能です。

これならばサーモスタットが無いファンでも自動でオンオフ。

是非この便利さを一度体験していただきたいです。

関連記事
【時代はIoT】水草水槽でスマートホームの波にのってみる【便利すぎてToT】

近年急速に普及しているスマートホーム。今回はその波に水草水槽も少しのっけてしまおうというお話です。

続きを見る

Co2ディフューザー

ADA・パレングラス

Co2を水槽内に添加するには専用の拡散筒(ディフューザー)が必要です。

ADAのパレングラスは、そのパレン(花粉)という名が示す通りに細かな気泡でco2の素早い溶解を助けます。

ガラス製なので見た目ももちろん美しく、適切なお手入れを行えば繰り返し何度でも使用することが可能です。

エアレーション用もありますが他にはこのようなガラス製のものが少ない為とても貴重です。

AIネット・バブルカウントディフューザー

こちらもガラス製のCo2用ディフューザーです。

ガラスもクリアで、水槽内にあって同様に美しくCo2を添加することが出来ます。

ただしこの製品は接続部が上向きに出ておりとても細い造りになっているので気を付けないとポキッといってしまいます。

細いので取扱注意です

ADAのパレングラスと比較すれば圧倒的に安価ですので、予備は持っておいた方が無難です。

内部がカウンターになっており、添加量の目安を計ることも出来ます。

おすすめディフューザー
見た目かそれとも使い勝手か?おすすめのco2ディフューザーを紹介します【水草水槽】

co2の添加に必要なディフューザー(拡散筒)。ガラス製の美しいものから細かい泡のでるもの、はたまたその良いところ取りの製品まで私のおススメをご紹介します。

続きを見る

Co2チェッカー

ADA・ドロップチェッカー

Co2を添加する場合、水草の光合成に必要なCo2の量を見極めるのにはCo2チェッカーを使用すると便利です。

ADAのドロップチェッカーは水滴のような形をしたガラス製の美しい製品です。

中に試薬を入れると青・緑・黄色とCo2の量に併せて変化していきます。

それぞれ青がCo2不足・緑が適量・黄色が過多となります。

あくまで目安ではありますがこちらを参考に量を調節します。

例に漏れず水槽の中でも悪目立ちすることなく水景を邪魔しません。

Simplelife・Co2モニター

同じく水滴型で似たようなものもありますが、こちらもなかなか使い勝手が良くお気に入りです。

Simplelife・Co2モニターは水槽の縁に引っ掛けて使用するタイプです。

という訳でそもそも水槽内で邪魔になりません。

中に試薬がこぼれてしまったり、コケが付いて見栄えが悪くなることも防ぐことが出来ます。

ガラス製ですのでもちろん美しく、劣化もありません。

特に容量の少ない小型水槽にはベストマッチだと思います。

Co2チェッカー
これは便利!水槽のフチに引っ掛けるタイプのCO2チェッカー

水槽内に溶け込んだCo2を簡易的に測定することが出来るCo2チェッカー。一般的な沈めるタイプではない面白そうな商品をみつけましたので購入してみました。

続きを見る

ADA風ドロップチェッカー
【ADAドロップチェッカー風】CO2チェッカーを購入してみた【他商品との比較あり】

AmazonでADAのドロップチェッカー風のCO2測定器を購入しました。本家ドロップチェッカー並びにその他使用済みの測定器と併せてレビューしたいと思います。

続きを見る

逆流防止弁

ADA・カボーションルビー

Co2添加システムやエアレーションには逆流防止弁が必ず必要になります。

これがないとエアーポンプ等に水が逆流して入ってしまい故障の原因に繋がります。

通常はプラスチック製の逆流防止弁を使用することが多いのですがそこはさすがにADA。

こちらのカボーションルビーはガラス製の本体の中にルビーが入っいて、このルビーが上下することで水の逆流をせき止めます。

プラスチック製の防止弁には寿命がありますがこちらは割れたりしない限り半永久的に使用出来ます。

小さなグッズですが水槽周りを美しくするにはうってつけです。

AQUAPRO・ガラス製チェックバルブ

見た目はほぼADAのカボーションルビーと変わりありませんし、構造も一緒です。

ただこちらは本家と比較してサイズがひと回り大きくなります。

ルビーが少し小さく、上下動する可動域が広いです。

防止弁としての機能はもちろんちゃんと果たしてくれますよ。

ピンク色のルビーがアクセントになってやはり美しいです。

最後に

やはりADAは機能性と美観を兼ね備えた素晴らしい製品揃いです。

水草水槽をもう一段美しくしてくれるだけでなく、所有する喜びも同時に与えてくれます。

ですがADAにこだわらなくても素敵な水槽にすることは十分に出来ます。

今回ご紹介した製品を参考にしていただきながら是非最高の水草水槽を作って頂ければと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!

-グッズ紹介, 使用器具
-,

© 2024 Mizukusa Newbie Diary Powered by AFFINGER5