水草水槽 熱帯魚

”小型で美しい”に特化したおススメの熱帯魚をご紹介します【水草水槽】

2022年9月18日

  1. HOME >
  2. 水草水槽 >

”小型で美しい”に特化したおススメの熱帯魚をご紹介します【水草水槽】

2022年9月18日

こんにちは!MizukusaNewbieです。

水草水槽の主役といえば、もちろんキレイで美しい水草達です。

深い緑やカラフルで鮮やかな色合い、はたまたその草姿に至るまで私達観るものを魅了して止みません。

ですがやはり水草だけでは水景として面白くありませんし、なんだか味気ないものになってしまいます。

そこで水草の魅力をグッと引き立ててくれるのが熱帯魚です。

今回はそんな熱帯魚のなかでも特に4cm以下にこだわった”小型で美しい”種類をご紹介していきたいと思います。

”小型美魚”のおすすめポイント

水槽内であまり主張しない

前述のように水草水槽においては熱帯魚が主張し過ぎてメインの存在になってしまっては本末転倒でしょう。

あくまで水景を引き立てるパートナーとして熱帯魚を選ぶのが最善だと思います。

その際小型の熱帯魚であれば、それこそ小型水槽であってもその存在が主張しすぎることがありません。

もし物足りなければ数で調整をしてあげれば良いのです。

水槽の環境的にも飼育数は重要なので、調整が効くのは大きなメリットです。

そしてやはり世界観と縮尺の問題があります。

メジャーな大きさである60cm水槽もしくは30cmキューブ水槽あたりを使用した場合、その水景の世界観を考えたときにやはり小型の熱帯魚のほうが断然マッチすると思います。

大きな熱帯魚ドーンっていう具合では全体のバランスに欠けてしまうでしょう。

そういった意味でも小型で尚且つ美しい種類の熱帯魚をおススメします。

群泳を楽しむことが出来る

熱帯魚を観賞する楽しみの一つに群泳があります。

同一種の熱帯魚が群れをなして悠々と水槽内を泳ぐ姿はいつまでも観ていられるほど美しいものです。

基本的に群泳は数が多ければ多いほどキレイでダイナミックではありますが、先ほど述べたように水景とのバランスや水槽内の環境を考えるとむやみに数を増やすことが出来ません。

ポイント

飼育出来る熱帯魚の目安としては、1リットルにつき1匹といわれることや、魚の体長1センチにつき1リットルといわれることもあります。この目安は植栽している水草の種類や量、ろ過フィルターの容量などで変わってはきますが、いずれにせよゆとりを持った数で飼育するのが熱帯魚の為にもよいでしょう。

そんな時に小型の熱帯魚であれば無理なく飼育数を増やせます。

群泳は基本5匹以上いれば鑑賞可能ですので、十分に小型水槽でも楽しむことが出来るというわけです。

それではいよいよおススメの熱帯魚たちをご紹介していきます。

私がおすすめする”小型で美しい”熱帯魚たち

ファイヤーテトラ(レッドテトラ)

見た目の綺麗さ
小型さ
育てやすさ
群泳のしやすさ
おすすめ度

カラシン科に属する熱帯魚のなかでも小型の種類で、体長は約2.5cmといったところでしょうか。

私のおすすめポイントはやはりなんといってもその小ささ。

このサイズなら小型水槽でもかなりの数を飼育することが出来るでしょう。

小さいからといって存在感がない訳では決してありません。

キレイな赤色の発色は水槽内でもインパクトは大。

深い緑の水草とのマッチングはお互いをより美しく魅せてくれます。

赤色の体色のみで模様は全く無しという潔さが逆に好印象。

とても丈夫なので飼育も簡単です。

私的にはそこまで群れて泳ぐという感じは受けません。

サイズからなのか性格的なものなのか、他の熱帯魚を押しのけて餌をがっつくことも無い、なんとも大人しくていじらしいお魚です。

グリーンネオンテトラ

見た目の綺麗さ
小型さ
育てやすさ
群泳のしやすさ
おすすめ度

小型熱帯魚といえばこれといっても過言ではないほどメジャーなネオンテトラ。

同系にネオンテトラより赤い部分の多いカージナルテトラがあります。

両者共に熱帯魚屋さんには必ず置いてありますし、非常に安価なところも好ポイント。

そして分かりやすいネオンブルーとネオンレッドの体色は間違いなく綺麗です。

ただし成長するとけっこう大きくなるんですよね…

そこで同じブルー系のネオンテトラのなかでも私はグリーンネオンテトラをおすすめします。

なんといってもあまり大きくならないサイズ感。

大きくなりがちなネオンテトラ

大きくなってもMAX3センチほどです。

そしてネオンテトラ、カージナルテトラと比べて赤の部分が少ないために、水草水槽をとても涼しげに魅せてくれます。

群れるという点でも問題なし。

こちらも丈夫で飼育も簡単です。

難点を挙げるとすれば、ネオンテトラ、カージナルテトラと比べると若干流通が少ないことくらいでしょうか。

それでも人気の有名種なので手に入らないことはないでしょう。

 スンダダニオ・エリスロミクロン

見た目の綺麗さ
小型さ
育てやすさ
群泳のしやすさ
おすすめ度

まるでアマゴのような特徴的な柄をもつ熱帯魚。

ブルーの体色と赤いヒレが水草水槽の緑にとても良く似合います。

その美しさは飼い込むほどにしっかりと出てきます。

大きさも3センチ程と申し分ないサイズ。

性格も大人しく混泳も全く問題ありません。

ただし、大人し過ぎるというのか臆病というのか水草や木の陰に隠れてなかなかその姿を見せてくれません。

餌も積極的に食べにくるという感じではないので給餌には少し困ります。

もちろん群泳も期待出来ないと考えて良いでしょう。

ただしその綺麗さ故に是非飼ってみたい熱帯魚です。

他の熱帯魚との相性も良好です。

ミクロラスボラ・ハナビ

見た目の綺麗さ
小型さ
育てやすさ
群泳のしやすさ [star25]
おすすめ度

もう名前から素敵ですね。

グレーがかった体色に薄黄色の斑点が多数散りばめられている様子はまさに夜空に打ち上げられた花火そのもの。

ヒレも綺麗な赤色でとても目を惹きます。

かなり小ぶりで体長2~2.5cmほどの超小型美魚です。

おとなしい性格で混泳も全く問題ありません。

積極的に群れて泳ぐという感じではないですが、その抜群の見た目で水槽内でのインパクトは大です。

オスの方がヒレの赤色や体の斑がはっきりとキレイに出ます。

流通は少し少なめかもしれません。

ショップ、ネット共に欠品していることもあります。

さらには少し病気になりやすい印象がありますので飼育には少し気を遣います。

とにかくその美しさは一見の価値ありです。

ラスボラ・アクセルロディブルー

見た目の綺麗さ
小型さ
育てやすさ
群泳のしやすさ
おすすめ度

私が個人的に最も好きな熱帯魚です。

なんと言ってもその淡い色。

ネオンテトラやカージナルテトラが文字通りネオン色のハッキリとした体色なのに対して、こちらはメタリックがかった青と赤といった感じ。

あまり主張し過ぎず、かといって目立たない訳でも決して無いという奥ゆかしさ。

そしてこれまた超が付くほどの小型で、約2cmくらいの体長です。

性格も温和で混泳も大丈夫です。

群泳に関してはそこまで積極的に群れる感じはしません。

この種は移動などのストレスに弱く病気になりやすいようです。

私が行くショップでもトリートメント中なことがよくあります。

流通もそこまで多くなさそうで、ネットでも欠品しているのをよく見かけます。

それでもこの綺麗さを是非飼って体験してみていただきたいおススメの熱帯魚です。

アフリカンランプアイ

見た目の綺麗さ
小型さ
育てやすさ
群泳のしやすさ
おすすめ度

黄色味のかかったヒレ・体色に、美しく青く光るアイラインが美しい熱帯魚。

胎生メダカの仲間ですので条件次第では繁殖も狙えます。

大きさは3cmほどでしょうか。

シンプルですがとにかく目の青い色が美しくて観ていて飽きません。

割と上層部を泳ぐことが多いので満遍なく魚を泳がせたい時は重宝するかもしれません。

とても臆病な性格のようで、びっくりしてよく跳ねます。

攻撃的な魚との混泳は要注意です。

よく跳ねるということは飛び出し事故が多いということでもありますので、水位を低めにするなどの対策を講じたほうが安心でしょう。

よく群れるので群泳も期待できます。

流通も非常に多く、手に入れることは容易です。

プリステラ

見た目の綺麗さ
小型さ
育てやすさ
群泳のしやすさ
おすすめ度

透き通るような透明な体色に、黄色と黒と青の背びれ。

やんわりと赤く色づく尾びれも相まってとても涼し気な印象を与えてくれる熱帯魚です。

約4cmの体長で、その色合いからも水槽の中で主張し過ぎることもなく、よく群れてくれるので鑑賞にもピッタリです。

とても丈夫で飼育にもあまり気を遣いません。

観れば観るほどこの独特の模様がクセになってきます。

性格も非常に温和で多種を攻撃するようなこともありませんので安心です。

メジャーな種なので流通も多く、購入に困ることはないと思います。

ブラックネオンテトラ

見た目の綺麗さ
小型さ
育てやすさ
群泳のしやすさ
おすすめ度

ブラックネオンテトラも特におススメの小型熱帯魚です。

一番のポイントはその群れやすさです。

とにかくずっとみんな仲良く固まって泳いでくれます。

群泳しやすい熱帯魚も飼育期間が長くなると環境に慣れて群泳をしにくくなってくるのですが、このブラックネオンテトラに関してはどうやらその限りではないようです。

こちらも他のテトラ同様とても丈夫で飼育しやすいので初心者の方にももってこいでしょう。

体色はどちらかといえば地味目ではありますが、赤ピンクのアイラインがいいアクセントになって水景を彩ります。

どちらかというと鮮やかな水草の中を泳がせてあげるのに向いているかもしれません。

こちらもメジャーな種類なので店頭でもネットでも容易に手に入れることが出来ます。

ゴールデンハニードワーフグラミー

見た目の綺麗さ
小型さ
育てやすさ
群泳のしやすさ
おすすめ度

ゴールデンハニードワーフグラミーはこれまで紹介してきた熱帯魚たちとは少し形が違いますが、熱帯魚の種類に変化をつけたい時にはピッタリです。

体高がありますので大きくは見えますが、体長でいえば4cmほどですので今回ご紹介する条件には当てはまると思い一覧に加えました。

なんと言ってもその鮮やかなイエローが目を惹きます。

オスはさらにヒレがオレンジ色に色付いて美しい姿になります。

ラビリンスとよばれる呼吸器官があるのがグラミーの特徴ですが、なんだかヒゲの様で愛嬌たっぷり。

そして独特の空中遊泳のようなゆったりした泳ぎも観ていてとても癒されます。

その為、他の熱帯魚よりも泳ぎが遅く給餌の際には必ず負けてしまいます。

コケのことを考えるとあまり餌をばら撒きたくないので少し厄介なポイントです。

その泳ぎの如く、他の魚に対しては我関せずなので混泳にもまったく問題はありません。

流通も多く、是非飼育してみていただきたい小型熱帯魚です。

最後に

如何でしたでしょうか。

どの種類も小さいけれどとても美しい熱帯魚たちばかりです。

そして比較的流通も多く手に入れすいものばかりですし、どの種類も性格が温和で混泳も問題ありません。

群泳をしやすい種類を選んで楽しむのも良いですし、飼い込むことによって美しい体色が出る魚を狙うのも面白いです。

とにかく選んだ熱帯魚の種類で水草水槽の雰囲気ががらりと変わりますので、どんな選択をするのか頭の中で想像するだけでも楽しいですよ。

皆様のご参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

-水草水槽, 熱帯魚
-, ,

© 2022 Mizukusa Newbie Diary Powered by AFFINGER5