使用器具 水草水槽

"GEX セーフカバー ヒートナビ"で水草も熱帯魚もぽかぽか快適!【おすすめ水槽用ヒーター】

2021年10月23日

  1. HOME >
  2. 管理方法 >
  3. 使用器具 >

"GEX セーフカバー ヒートナビ"で水草も熱帯魚もぽかぽか快適!【おすすめ水槽用ヒーター】

2021年10月23日

こんにちは!MizukusaNewbieです。

寒い季節に必ずお世話になるストーブやこたつといった暖房器具。

それは水草や熱帯魚たちにとっても同じことです。

下がった水温を上げ、一定に保つためには水槽用ヒーターを使用するのが一般的。

今回はそんな中から私がおすすめする"GEX セーフカバー ヒートナビ シリーズ"をご紹介します。

GEXの水槽用ヒーターは3種類+α

基本的には温度固定式の”スタンディオート”温度調節式一体型の”ヒートナビ”温度調節式分離型の”ナビパック”シリーズの3種類です。

さらには温度固定式の中に”魚種別温度固定式”がラインナップしてあります。

例えば金魚用に最適な18℃であったり、メダカの産卵に適した23℃であったりと。

この辺りのきめ細かさはさすが水槽用品大手GEXといったところでしょうか。

水草水槽には基本の3種類から選択すればよいでしょう。

私のおすすめは”温度調節式一体型”ヒートナビシリーズ”

例えばアヌビアスナナミクロソリウムボルビティスなどの陰性水草を育てる場合、最適な水温は23~24℃と言われています。

温度固定式の”スタンディオート”ですと26℃固定ですので若干高めかなと思います。

もちろんこれらの陰性水草が26℃で育たないわけではありません。

ただし絶好調にキレイに育てたい、高温で起こりやすい陰性水草特有の病気”シダ病”を防ぎたいといった場合などは水温を低く保ちたいところです。

キレイに育ったアヌビアスナナ・プチ

また、熱帯魚が病気になってしまった場合。

水温を少し上げてあげると治りやすい場合があります。

こんな時、温度を18℃から35℃まで自由に調節できる温度調節式が最適です。

というわけで水草水槽には温度調節式がベターなのですが、次はサーモスタット一体型分離型のどちらかにするかという選択になります。

これに関しては好みなのでしょうが、私としてはあまり水槽周りをコード類でぐちゃぐちゃにしたくないので一体型を選んでいます。

中央後部にヒーターを収納することが出来る"GEX AGS-OF450-"

分離型にすればヒーターのみを交換できるので多少ランニングコストを抑えることが出来ます。

メーカーとしては1年でのヒーター交換を推奨していますので、その辺を考えてどちらかを選択すればよいでしょう。

今回は30cmキューブ水槽用に2サイズ購入しました

30cmキューブ水槽は水量が約20リットルなので、適応サイズとしてはこちらの”ヒートナビ80”が最適です。

ちなみに今回私はもう一つの30cmキューブ水槽用に”ヒートナビ120”も購入しました。

こちらは水量48リットルまでの対応で30cmキューブ水槽にはオーバースペックではありますが、近いうちに40cm水槽に移行する予定であることと、両者の比較ということで敢えてサイズ違いで購入してみました。

開封してみましょう

ヒーターの大きさはさすがにそれなりの差がありますが、温度調節ダイヤルやコード類は共通なようです。

これは60cm水槽用の”ヒートナビ160”も同様でした。

このダイヤル部は適度な節度感で調節がしやすく、メモリもハッキリと視認することが出来ます。

通電時にはこのようにランプがオレンジに光ります。

両者を水槽に設置してみます

左側が”ヒートナビ80”で右側が”ヒートナビ120”

左右で全く同じ位置に設置しています。

両者ともブラックの外観でそれなりの大きさもあるため、存在感は否めません。

やはり水槽サイズ的には”ヒートナビ80”の方が良いですね。

ただしレイアウトによっては流木や石の裏に上手く隠すことも可能です。

こちらの60cm水槽は上手く流木の後ろに隠せているのでパッと見でヒーターの存在はわかりません。

ちなみにGEXのヒーターは縦にも横にも設置することが出来るのでレイアウト的には助かります。

機能的にはほぼ文句なし

一番大切なのはしっかりと設定した温度に温めてくれるかどうかです。

この点に関してはほぼ設定温度をキープしてくれます。

こちらの水槽は26に設定していますが水温計は25.7℃を指しています。

ヒーター側か水温計側かいずれの誤差なのかは分かりませんが、この程度なら全然許容範囲ですし、むしろ優秀だと言えるでしょう。

他の方のレビューを見ていると概ね高評価なのも頷けます。

2通りの安全機能で空焚きなどのまさかの事故にも対応。

ちなみに本体のカバーに熱帯魚やエビが挟まってしまったなんてことはありませんし、本体を水槽に固定する吸盤もしっかりしているのでずれ落ちる心配もありません。

最後に

という訳で”GEX セーフカバー ヒートナビ”をレビューしてきましたが、寒くなる季節に本当に頼りになる製品だと思います。

私の住んでいるところは冬にはマイナス10℃になることも珍しくない極寒地域なのですが、そんな状況でもしっかりと水槽の中だけはトロピカルです。

あとは用途や水槽サイズに合わせて最適な種類をお選びいただければ快適なアクアリウムライフをお過ごしいただけること間違いなし。

”GEX セーフカバー ヒートナビ”、おススメです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

-使用器具, 水草水槽
-, ,

© 2022 Mizukusa Newbie Diary Powered by AFFINGER5